セミナー規約

第1条(目的)

 

1.本勉強会・セミナー利用規則(以下「本規則」)は、ご利用される全てのお客様(以下「受講生」)に適用される事項を定めたものです。

 

 

第2条(受講の申込み)

 

1.各セミナー等の受講のお申し込みは、当団体ホームページ申し込みフォームにて、行うことができます。

 

2.各セミナー等について、申し込み期間が指定されている場合、申込期間が経過したときに締め切りとなり、また、定員が指定されている場合、定員になり次第締め切りとなります。

 

3.各セミナー等について、一定数に満たない場合、各セミナー等の延期または中止することがあります。延期または中止の場合は、当該各セミナー等の開催日前にご連絡いたします。

 

4.自然災害、悪天候、公共交通機関のストライキ等、公共交通機関の事故、講師等の急病、事故等のやむを得ない事情が生じたとき、各セミナー等の開催日、開催時間、内容を変更し、代理の講師等で実施し、または、各セミナー等の開催を中止する場合があります。

 

 

第3条(受講料等の支払方法等)

 

1.各セミナー等に関する受講料等および教材費等は、当該各セミナー等の開催までに支払っていただきます。支払期限の詳細は、当該各セミナー等に関する利用条件の詳細な説明において明記します。

 

2.受講料等および教材費等は、原則的に振込での対応となります。

 

 

第4条(受講料等の払い戻し)

 

1.各セミナー等に関して、一旦納入された受講料等および教材費等は、原則として払い戻しはいたしません。しかし、やむを得ない事情でのキャンセル料は以下の規定となります。

 ・当日〜1週間前キャンセル      100% 

 ・~2週間前キャンセル                 50%

 ・~4週間前キャンセル                 30%

 

2.その他、以下の場合、納入された受講料等および教材費等のうち、下記に記した金額を払い戻します。

(1)各セミナー等が不成立の場合、および当団体または講師等のやむを得ない事情で実施できなかった場合、受講料等を全額払い戻します。

 

3.受講料等のご返金の際は振込手数料を負担していただきますので、ご了承下さい。

 

 

第5条(各セミナー等への参加、受講に関する注意事項)

 

1.各セミナー等を欠席された場合は、振り替え受講または受講料等の払い戻しのお取り扱いいたしません。

 

2.受講生は、以下の事項につき、ご留意ください。

 

(1)本勉強会・セミナーを参加するにあたって、利用規則を遵守してください。

 

(2)各セミナー等の写真撮影や録音を固くお断りしております。

 

(3)各セミナー等の開催場所にて、物品販売、営業行為、金品の徴収等は固くお断りします。

 

(4)各セミナー等の開催場所にて、各セミナー等の目的から当団体が必要であると認めた場合を除き、飲食・喫煙、携帯電話の使用を禁止しております。

 

(5)講師等または他の受講生に迷惑をおよぼす行為があった場合、参加をお断りすることがあります。

 

(6)持病のある方、体調不良の方は予め、当団体および講師等にお申し出ください。各セミナー等の内容によっては、受講生の健康面を配慮し、利用者の参加をお断りする場合があります。

 

(7)各セミナー等のうち、受講生各自の責任にて、健康状態やその日の体調に十分気をつけてください。万一、各セミナー等への参加中に健康障害や不注意等による事故が発生した場合、当団体では責任を負いかねますので、ご了承ください。

 

(8)貴重品は受講生個人の責任で管理をお願いいたします。盗難などの事故についての責任は負いかねますので、ご了承ください。

 

(9)災害発生時は当団体の指示に従って落ち着いて行動してください。

 

(10)セミナー中に写真撮影をさせていただくことがあります。写真は当団体の紹介、セミナー開催の報告、ホームページに掲載致します。写真の削除依頼や掲載お断りの場合は当団体の事務局へお問い合わせ下さい。

 

 

第6条(知的財産権)

 

1.各セミナー等に含まれる一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、各セミナー等において提供される教材、お手本、書籍および動画その他一切の著作物、ならびに、各セミナー等で使用される一切の名称および標章(有形無形を問わず、以下総称して「各セミナー等の内容等」といいます。)についてのノウハウ、著作権および商標権その他一切の権利は全て当団体または当該各セミナー等の講師その他の第三者に帰属し、受講生は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。

 

2.受講生は、各セミナー等の内容等を自己の学習の目的等の私的使用の目的でのみ使用するものとし、いかなる方法においても、受講生個人の私的使用の範囲外で使用し、コピープロテクトその他の技術的保護手段に用いられている信号の除去もしくは改変等を加え、または、第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。

 

 

附則

 

第1条 本規則は、平成30年12月1日から施行するものとします。